ふすまの材料

ホーム > ふすまの材料 > ふすまの縁

ふすまの縁

漆塗り製作工程

種類/
工程
()り漆 本漆塗り 本漆塗り()び付 蝋色(ロイロ)仕上げ
漆塗り
の道具
漆塗りの道具 左から漆刷毛の中と小、
檜の柾目のへらの(中)2(小)1、
塗り作業台(定盤(ジョウバン)
下地
作りに
使う
道具
下地作りに使う道具 左から代用錆(砥の粉と膠を練り合わせた物)、
塗師刀(ヌシガタナ)、へらの大と中、下地刷毛。
上は研磨用砥石(トイシ)
準備 綿布
タンポを作る
綿布でタンポを作る
塗師刀でへらを調整 塗師刀でへらを調整をする
漆を絞りごみや不純物を除く1 漆を絞りごみや不純物を除く2 濾し(コシ)
吉野紙(ヨシノガミ)で調合した漆を絞りごみや不純物を除く
1 木地調整 木地調整
サンドペーパーで磨く サンドペーパーで磨く
-
木地の割れや傷 代用錆、本錆(砥の粉と生漆を練り合わせた物)などで修復
木地の割れや傷を代用錆、本錆(砥の粉と生漆を練り合わせた物)などで修復する
割れ止めに和紙を貼る 割れ止めに和紙を貼る2
割れ止め
割れ止めに和紙を貼る
和紙を貼るときに使用する接着剤にカゼイン溶液(カゼインに硼砂(ホウシャ)を加え湯で溶かす)を使用しているが貼る方法は他にも種類があると思われる
2 水拭き 代用下地 本錆下地 錆び付きの1〜7の工程を入念に行う
調整された木地を水で拭き上げる 代用錆をへら付け
代用錆をへら付けする
本錆下地1
本錆下地2
本錆下地3
本錆下地4
本錆び(砥の粉と生漆(キウルシ)を練り合わせたもの)をへら付けする。二度錆びの場合はこれを繰り返す。生漆は空気に触れて酸化し色が茶褐色(チャカッショク)に変化する様子
3 摺り漆 ホルマリン引き -
摺り漆1
摺り漆2
摺り漆3
タンポ、漆刷毛などで生漆を摺り込む
錆を締めるために行う
4 拭き上げ 研磨
綿布で漆を拭き上げる
綿布で漆を拭き上げる
研磨1 砥石および
耐水ペーパーで
水砥ぎをする
研磨2 研磨3
5 乾燥 空研ぎ -
(ムロ)(乾燥室)で温度・湿度を調整して乾かす サンドペーパーで空研ぎをする
6 素地磨き 着色 中塗り
番手の高い細かい研磨紙で磨く。研ぎ炭やクリスタル砥石で研いだり、場合によっては胴摺り(砥の粉と油を練り合わせたもので磨く)をする 着色1
着色2
着色3
着色4
着色5
種類に応じて墨、弁柄(ベンガラ)などをカゼイン溶液に混合して下地塗りをする
中塗り漆で塗る
7 再び摺り漆を施し3〜5の工程を数回繰り返し、仕上げる。 空研ぎ 研磨
サンドペーパーで空研ぎをする 水砥ぎ
研ぎ炭、クリスタル砥石で水砥ぎ
8 - 仕上げ漆塗り 仕上げ中塗り
仕上げ漆塗り1 仕上げ漆塗り2
仕上げ漆塗り3 仕上げ漆塗り4
仕上げ漆塗り5 仕上げ漆塗り6
へらと漆刷毛を使い調合した漆で仕上げ塗りをする
中塗り漆で塗る
9 乾燥 研磨
室で乾燥1 室で乾燥2
室(乾燥室)で温度・湿度を調整して乾燥させる
水砥ぎ 1
水砥ぎ 2
水砥ぎ 3
研ぎ炭、クリスタル砥石で水砥ぎ
10 - - 仕上げ塗り
蝋色漆で仕上げ塗りをする
11 乾燥
12 仕上げ研ぎ
仕上げ研ぎ1
仕上げ研ぎ2
仕上げ研ぎ3
研ぎ炭、クリスタル砥石で入念に研ぐ(青貝の研ぎ出し)
13 胴摺(ドウズ)
胴摺り1
胴摺り2
砥の粉に油を練り合わせ綿布につけて磨く
14 拭き取り
油分を拭き取る
油分をテレピン油などで拭き取る
15 蝋色漆塗り
蝋色漆塗り1
蝋色漆塗り2
蝋色仕上げの生漆を均一に摺り込む
16 乾燥
17 研磨
研磨1
研磨2
研磨3
研磨4
研磨5
鹿の角粉またはその代用品として油を使い磨き上げ
18 艶が上がるまで14〜17を繰り返す

このページのトップへ戻る

ふすまの材料

ふすま材料の品質 シックハウスについての詳細は日本内装材連合会HPをご覧下さい。

カレンダー

資料