ふすま選びのポイント

ホーム > ふすま選びのポイント

ふすま選びのポイント

ふすまのコーディネート例

材料を選ぶときは、ある程度それぞれ部材のグレ−ドをそろえるのが一般的です。

あくまで参考ですが、ふすま製品のグレ−ドに合った各部材のコ−ディネート例を示します。実際には沢山あるアイテムの中からご自由にお選びください。必ずご満足のできるふすまに仕上がることと思います。

下記は、積算資料ポケット版に掲載されている襖の価格です。実際には別途に、採寸費用・建合わせ費用・建付け費用・現場搬入費用・消費税等が必要です。

グレ−ド ふすま紙 ふすま縁 ふすま引手 ふすま下地
共通品番




両面襖の
参考
製品価格
ふすまの
表紙の種類
張替
年数
目安
並品 高級 並品 高級 ふすま下地の再利用
張替え可能回数の目
制限なし
NFS-10
並品

14,000〜
18,000円
新鳥の子 2〜
3年














            P
C



     








ダン
ボール
ペーパー
コア
NFS-20
中級



16,000〜
21,500円
普及織物
上新鳥の子
3〜
5年








       




 
NFS-30
上級





20,000〜
28,000円
中級織物
鳥の子紙
3〜
5年
     









             
NFS-40
高級









25,000〜
42,000円
高級織物
本鳥の子
5〜
10年
       




       

     
NFS-50
最高級












60,000円以上 最高級織物
本紗・本葛布
加飾本鳥の子
5〜
10年
           



        ※板ふすまの
グレ−ドには
かなりの地域差が
あります。

意匠:見た目の美しさや材質の良さ・加工技術の高さ
耐久性:紙質に強さや、図柄の意匠性の保持期間。和ふすまや板ふすまでは、ふすまの風合いを持たせるために浮かし貼りをします。
加工性: 下地の種類によっては、糊を前面塗布してベタ貼りをします。また上貼紙によって施工法が変わります。良い紙にはより丁寧な仕上げ方をします。

ふすまの部材コ−ディネート例の活用

コ−ディネート例活用の目的

  1. 消費者や設計関係者に部材のランクを解かりやすくする。
  2. 意匠的にバランスのとれた部材を指示して頂くための目安にする。
  3. 提示価格を参考にして、予算に応じた襖を選択していただく。
  4. 襖のグレ−ドアップを計る。
  5. 襖のグレ−ドに品番を付けることにより、、全国のどの地域でも同レベルの襖が提供できる。

コ−ディネート例活用の利点

  1. 設計からのグレ−ド品番の指示によって施工店では予算と部材ランクの組合せが解かる。
  2. 共通品番の指示により消費者や設計者にとって襖のグレ−ドの指示がしやすくなる。
  3. 施工店にとってはサンプルの提出や見積り時の無駄がなくなる。
  4. 各部材メ−カ−さんが設計PRをするときに、その部材がどのグレ−ドに属するものかの説明を加えることによって、具体的な説明がしやすくなる。

設計関係の皆さまへお願い

『ふすまの部材コ−ディネート例』の活用法は、日本襖振興会会員の支持を得て広く全国に公示しています。

ふすまのグレ−ドの共通品番をご活用ください。

まだまだ全国レベルで施工店には浸透しておりませんが、襖の仕様指定を解かりやすくしたいと考えております。〈襖仕様は NFS-10程度〉とすれば、その価格帯や部材のグレ−ドがどの地域・どこの施工店様であっても解かります。
皆さま方のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

価格はあくまで製品の参考価格です。

実際には採寸費用・建て合わせ費用・建て付け費用・搬入費用・消費税などが別途に必要です。また、部材の組合せは、あくまで参考であり、部材の自由な選択・設計は可能です。

表具店・経師店などふすま製作の皆さまへお願い

ふすまのコ−ディネート例は、ふすまの部材のグレ−ドを知るうえで、設計関係の方々には非常に分かりやすいと好評です。
このコ−ディネート例一覧表は、近日印刷物にし、日本襖振興会の正会員を通じ、表具店・経師店様ほか関係者に配布していく予定です。かならずしも十分ではないと思いますが上記目的・利点をご理解いただき、対応下さいますようよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ戻る

カレンダー

資料